話題

姫乃たま、2019年4月30日で地下アイドルを辞めることを発表 一般的な地下アイドル的な活動が少なくなっていたこと、ガチ恋ヲタに恐怖を感じたことからくる活動の歪みなどの理由をブログで告白 「この文章、本当に誠実さと苦悩が伝わってくる素晴らしい文章だ」

姫乃たま、地下アイドル歴10年目となる2019年4月30日に、地下アイドルを卒業することを発表




(有料コンテンツと連動したnoteでの文章のため、一部のみの抜粋です。全文は元記事でお読みください)

2018年8月18日 パノラマ街道まっしぐら

2019年4月30日、初めて舞台に立った日からちょうど10年となるこの日に、姫乃たまは地下アイドルの看板を下ろすことにしました。卒業です。奇しくも平成最後の日であり、地下アイドル最後の日になる当日は、渋谷区文化総合センター大和田さくらホールにて、ワンマンライブを開催します。735席という業界的には取るに足らない、しかし私にとっては過去最大規模の公演です。

 昨夜そのことを、私の活動拠点であるRRRにて、一番にファンの人たちに伝えました。この日記も最初から、最後の日に向けて急激に変わりゆくであろう私の日々を残すために書き始めたものです。改めて、地下アイドルを辞める理由と、これからについて、話をさせてください。

(略)

 そう考えるきっかけは(お願いだからショックを受けないできちんと最後まで読んで欲しいんだけど)、ファンの人たちと接することに違和感を覚え始めたせいです。誤解しないでほしいのは、具体的に誰と話している時に違和感を覚えているわけではないことで、ただ全体のムードとしてそういう感覚があって、何が原因なのかは自分でもよくわかっていませんでした。

 私とファンのコミュニティは(自分で言うのもあれですが)、ちょっと類を見ないくらい平和で、ファンの人たち同士も、私とファンの人もすごく仲が良いです。友人みたいな、親戚みたいな。私は心からファンの人たちが大切で、また大切にされていて、理解し合ってきました。だから、この違和感は私にとっても衝撃的で、悲しいことでした。

 実際の現場の雰囲気はというと、昨年2月に開催した渋谷WWWでのワンマンライブが成功してから、盛り上がるばかりです。開催に向けて全員で協力し合ったことや、公演が成功したことによる高揚感によって、ファンの人同士も、ファンの人たちと私も、どんどん仲が良くなっていきました。それにもかかわらず、私の中に違和感は芽生えたのです。

(略)

 まず、地下アイドルを辞めることについては賛否両論で、肩書きが変わるくらいでは何も変わらないという人も、寂しくて耐えられないという人もいました。でもここには一定の傾向があって、たまにイベントに顔を出すファンの人のほうが私の事情を深く理解していて、反対によくイベントに通っている距離の近いファンのほうが混乱して事態が飲み込めていなかったことです。

 これは一見、姫乃たまに対する入れ込み方の差が原因だと思われるかもしれません(実際にその理由もあると思う)が、それだけじゃありません。私とファンの人は嬉しいことも楽しいことも、時に大変なことも共に経験してきて、

仲良く、距離が近くなればなるほど、互いに相手が見えなくなっていたのです。私の違和感の原因は、まさしくそこにありました。

(略)

 私は特にここ一年ほど、「癒しを与える」ことをかなり意識して活動してきました。公言してもいました。これには理由があって、昨年末くらいにファンの人が立て続けにガチ恋(応援の気持ちと恋愛感情が混合して収拾がつかなくなってしまうファン)になってしまって、地下アイドルを辞めなければならないと思うほど、身の危険を感じていた時期があります。

(略)

 その状況から再び活動を再開して維持していくには、癒しを与えることを止めてファンと距離を取るだけでは弱かったのです。それに、それでは地下アイドルとしての魅力も半減してしまいます。むしろ癒しを押し付けていくくらいの勢いと強さが必要だったのです。アイドルはわざわざ口に出して言わなくても、癒しを与える仕事です。しかしそういう経緯から私は「癒しを与える」と公言するようになりました。

 これは一時的には効果があったけれど(おかげで今日も大きな問題がなく活動できています)、長い目で見たら間違いでもありました。

 癒しを与えると言ってその通りに与え、そしてそれを享受するのは、癒しの中でも即物的でかなり程度が低いものです。そのせいで私は、私自身とファンの視野をかなり狭めてしまいました。

(略)

 この先も長い人生をみんなで生きていくためには、まず私が地下アイドルという看板を下ろして、ひとりの人間として成長する必要があったのです。

(略)

 4月30日以降、地下アイドルじゃなくなっても、活動自体は何も変わりません。9周年の時に肩書きを下ろしたのと同じことで、基本は活動の実態が肩書きに伴っていないから辞めるという単純なことです。歌を辞めるわけでも、舞台に立たなくなるわけでもありません。図々しいけどチェキも続けようと思っています……。文章はもっと書きます。ただし、やっていることは同じでも、世界の空気はがらりと変わるはずです。ものすごい映画を観た後に、映画館の外が来た時とは全く違って見えるように。

 地下アイドルの次に待っている世界は、とても開けた場所だと予感しています。そこへ一緒に行きましょう。

2019年4月30日
姫乃たま活動10周年記念公演「パノラマ街道まっしぐら」
渋谷区文化総合センター大和田さくらホール

 公演内容は追って発表していきます。これまで応援してくださった方も、これからお目にかかる方も、どうぞお出かけください。きっと居心地がいいはずです。

2018年8月18日 パノラマ街道まっしぐら

Twitterの反応

【姫乃たまから大切なお知らせ②】2019年4月30日(平成最後の日)で地下アイドルとしての活動を終える
姫乃たまさんの大切なお知らせ その2

「来年2019/4/30、平成最後の日に地下アイドルを辞めます。自分の定義したもの(地下アイドル)にハマっていないので。新しい世代にバトンタッチして、今後は文章を書く仕事などで今続けている人を支えていければと。」

来年4月30日の公演をもって、地下アイドルを引退することを発表した姫乃たま
涙ながらに「自分で定義した地下アイドルに自分が当てはまって無い」との理由を語ったあと、
アイドルとファンとの支え合いが解放されるまで、これから最後の「与え合い」をしたいという、彼女らしい決意が述べられました pic.twitter.com/BrEbB0Y1L3
前にたまちゃんが言ってたけど、ついにアイドルがいなくなった地下アイドル界の仲良し5人組

ぱいぱいでか美(タレント)
里先りさ*Pinokko(シンガーソングライター)
水野しず(クリエーター)
絵恋ちゃん(絵恋ちゃん)
姫乃たま(ライター)←new

姫乃たまさん 地下アイドルやめちゃうの?
地上に上がってくるって事?
姫乃たまちゃん。地下アイドルの看板を下ろすってのは、ただ単に肩書きが地下アイドルから元地下アイドルになるだけで、活動内容はほとんど変わらないのかな?
実の所、多くの(とくに現場にいた)人は姫乃たまのことを地下アイドルとは思っていなかったのでは?私はだいぶ前から思ってなかったです
変な話だが活動内容が変わっても、おばあちゃんになっても「”地下アイドル”姫乃たま」でいると思ってた所はある。
地下アイドル活動10年を迎えるにあたっての魂の文章、という感じで読み入ってしまいました。。

2018年8月18日 パノラマ街道まっしぐら|姫乃たま|note(ノート) note.mu/himenotama/n/n…

後半に違和感の理由が詳細に書かれてるけど、なんつーか本質を突いてもいるものの、これ言われたら頑張って支えてきたファンほど報われないな。

平成最後の日に地下アイドルから卒業します – 地下アイドル姫乃たまの恥ずかしいブログ himeeeno.hatenablog.com/entry/2018/08/…

『職業としての地下アイドル』(朝日新書)を書いた姫乃たまのブログ。みずからの立ち位置が地下アイドルの定義に当てはまらなくなったことから、地下アイドルを辞めるという宣言をしている。おそらく、地下アイドルの定義を問い直す時期にさしかかっているのだろう。note.mu/himenotama/n/n…
ご自身で書かれてる通り既にこの人はいわゆる典型的なアイドルではない感じなので、この話をもってアイドル界全体をとうこう言うのは違うと思う / “平成最後の日に地下アイドルから卒業します – 地下アイドル姫乃たまの恥ずかしいブログ” htn.to/QBPPrs
このツイートをTLとその文章を目にして、失礼ながら、姫乃たまさんという方を初めて知りましたが、一言でいえば『真摯』な方。プロという言葉を越えた愚直で清廉な方だなと。地下アイドルを引退しても、姫乃さんの人となりを知っている方なら助けくれると思う。最後まで全力で駆け抜けてください! twitter.com/himeeeno/statu…
姫乃たまさんが地下アイドルを辞める理由にまつわるこの文章、本当に誠実さと苦悩が伝わってくる素晴らしい文章だと思う
姫乃たまちゃん(@Himeeeno)の「地下アイドルやめる宣言」だけど、実際のところは「アイドル」だけ取れて「地下(アングラ)」が残るような気がしてきた。
姫乃たま来年4月に地下アイドル引退と言いますが、世の中の地下アイドルの8割くらいは8カ月ももたない。つまり姫乃たまは今から地下アイドルの平均寿命以上くらいは地下アイドルとして生きるのでさすがにまだ寂しがるのは早いぞ。 pic.twitter.com/h148iik9BG
姫乃たまさん地下アイドル辞めちゃうんか。なんと言うか、いい方向に進んでくれればいいな。
メンバーの反応

関連動画

関連リンク

姫乃たま 公式サイト http://himenotama.com/
姫乃たま Twitter https://twitter.com/himeeeno
姫乃たま note https://note.mu/himenotama
姫乃たま はてなブログ http://himeeeno.hatenablog.com/

関連商品

話題一覧ページへ戻る
トップページへ戻る

関連記事

  1. 話題

    3776 井出ちよのが、うさぎのみみっく!!に加入 動揺する3776ヲタ達 「新メンバーが3776の…

    井出ちよの、うさぎのみみっく!!に加入 3776も並行して活動…

  2. 話題

    Task have Fun 熊澤風花さん、えちえちえちえち水着グラビアを披露してしまう 「熊澤風花や…

    熊澤風花(16歳)、23日発売のヤングジャンプで6Pにわたり「初」水着…

  3. 話題

    アイドルとの物販を無断録音するヲタクが登場 堀内玲さんは「ホントにファンの方との信頼関係が崩れそうで…

    堀内玲さん、スマホのランプを毎回点滅させながら物販に来るヲタクに苦言…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ライブアイドルおすすめ写真集&DVD


Task have Fun 熊澤風花写真集「今日を届けに………」


ゆるめるモ!あの ファースト写真集「あのちゃん(仮)」


READY TO KISS 天羽希純DVD 「Kiss Me」

グラビアアイドル新作DVD 管理人おすすめ7選

行こう! 遠征



おすすめ写真集

最近の記事

  1. 話題

    妄想キャリブレーションが2019年2月23日で解散することを発表 5年の活動に幕…
  2. 話題

    TIFと@JAMが合体して2019年1月2日、3日に「New Year Prem…
  3. 話題

    元campus 桜木ひなが復活宣言 19歳の誕生日に「来月くらい皆さんにお会いで…
  4. 話題

    NGT48 山口真帆、メンバーに部屋の場所をバラされ、男に襲われたと告発 支配人…
  5. 話題

    グッバイアイドルの意志を継ぐ「グドバイ・アイドル(仮)」というアカウントが誕生 …
PAGE TOP